© あしかがのこと。 All rights reserved.

20145/15

ガーデンカフェ 南の麦(足利のカフェ)


「足利ってカフェ少ないよね~。」

以前、私もそんな風に思っていました。もし、まだ昔の私みたいに思っている人がいたら、それはもったいない!足利にはオシャレなカフェが沢山あるのですから。そこで足利のカフェをご紹介していこうと思います。

花に囲まれた『ガーデンカフェ 南の麦』

花の多い今の季節にオススメなカフェ『ガーデンカフェ 南の麦』さんをご紹介します。八幡町の小高い丘の上にあるかわいらしいカフェ。南の麦のテーマは「花に囲まれて手作りのおもてなし」。住宅街の中ですが、一軒だけ花にたくさん囲まれた家があります。店の下では花の苗が並び、オーナーのお父様が花の世話をしながら販売もしております。

お店の入り口は、緑のアーチ!そこをくぐって、店内へ。庭には沢山の季節の花があり、素敵なガーデニングが目に飛び込んできます。外のテラス席を囲むように植えられた花たちが癒しとやすらぎを与えてくれます。オープンなので解放感があり、取材中も五月晴れの爽やかな青空の下色とりどりの花がそよそよと心地よい風にあおがれて、とても気持ちいい♪住居をオシャレに改装したカフェは、手作りの優しい雰囲気が漂います。「手作りのおもてなし」は食事やガーデニングだけではなく、建物や内装、家具も含めて手作りなのですね♪

南の麦風オムレツ

今回はオムレツとパン、サラダが付いたプレートを注文。このオムレツはナント、『はなまるマーケット』でも紹介されたのだとか!オムレツの中にじゃが芋が入っている、足利らしいポテトオムレツ。トマトソースが懐かしの味で、驚いたことに中にはホクホクなじゃが芋がゴロッゴロ、そして挽肉、玉ねぎが入っています。隠し調味料は片栗粉!

中の具が片栗粉によってトロッとしていて、食感が美味しさをさらに引き立たせています。卵もふわトロで、このオムレツは病みつきになりそう♪もうコレ、絶品です!!どこか懐かしくおもしろいオムレツなので詳しく聞いてみると、奥様のおばあ様が発案されたオムレツだとか。歴史を感じる味わいですね。

自家製 こだわりのパン

そして、パンは東京四谷のお店で修業したオーナーのお手製。オリーブオイルのかかったバケットとライ麦とくるみを使ったカンパーニュのカットが添えられています。どちらも素朴な味わいで、周りの生地は噛みごたえがあり、中はモチモチ。噛めば噛むほど、優しい甘みが口の中に広がります。素材にもこだわった美味しい国産小麦を使用。素朴だからこそ、噛むたびに味わいを楽しめます。そして驚いたのは、オムレツとハード系パンの相性の良さ。オムレツとパンを一緒に口に含んで食べてみたところ、とろみがかった挽肉などの具とトマトソースのオムレツがハードパンによく絡み、相性抜群!!

添えられているグリーンサラダはパプリカや水菜、そしてハーブ系野菜がたっぷりと盛られています。季節野菜をたくさん食べたい女性には大満足のボリューム!アレンジしたイタリアンドレッシングも美味しい~♪今回はいただかなかったのですが、パイ生地から作られているキッシュもオススメだそうです。次に行った時に食べるものがもう決まってきちゃいます~。

道端でパン販売

自家製パンはレジのところでも販売されていますが、11:30~13:00の間は下の駐車場でも販売してます。見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?パンの種類はたくさんあり、ハーブ系カンパーニュ、バケット、ベーグル、フォカッチャ風ピザパン、サンドイッチなどがあります。ドライフルーツが練りこまれているフルーツカンパーニュや、ベーグルがオススメだそうです。私もお土産にベーグルとフォカッチャを購入!ピザのテイクアウトもやっているそうなので、今度来たときはピザをお土産に買って帰ろうかな♪

趣味から始まったカフェ

今から15年前にオープンした南の麦。カフェオープンのきっかけは意外なことからでした。オーナーのお父様が趣味でやっていたガーデニングを見に来た方から、「お店でもやってみたらどう?」との一言が。それが『ガーデニングカフェ 南の麦』のはじまりだそうです。そして、今は家族でカフェをやっています。花に囲まれて外国気分を味わいながら、ゆっくりと過ぎていく時間を静かに楽しむ。そんな南の麦に一度癒されに行ってみてはいかがでしょうか。(編集部・春山)

ガーデンカフェ 南の麦 店舗情報

場所Gaden Cafe 南の麦
栃木県足利市八幡町245-1
備考電話番号:0284-71-4764
営業時間:11:30~18:30
定休日:月曜・火曜(夏期&冬期休業あります) 4~6月は火曜も営業

※この記事に掲載されている情報は取材当時(2014/05/15)のものです。お気づきの点があれば、「あしかがのこと。」編集部へお問い合わせください。

※見出し、記事、写真の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
コムラボ

コムラボ

特定非営利活動法人コムラボは、「地域の新しい『やりたい・かなえたい』を共創する」をミッションに掲げ、栃木県足利市を拠点に地域の情報技術を支援する非営利団体です。地域Webメディア「あしかがのこと。」、カフェ&シェアオフィス「マチノテ」を運営しています。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利市立美術館企画展「浮世絵にみる子どもたちの文明開化」

“昔ながら”をまもりながら、進化を続けるマルキョーシロップ

20187/7

“昔ながら”をまもり、進化を続けるマルキョーシロップ

週末限定オープンのショップ。足利のアパレル職人がつくる「YOU GOOD I’m good」

20186/22

週末限定オープンのショップ。足利のアパレル職人がつくる「YOU GOOD I’m good」

都内のレストランでも使われる、長谷川農場の「足利マール牛」

20186/11

都内のレストランでも使われる、長谷川農場の「足利マール牛」

ページ上部へ戻る