© あしかがのこと。 All rights reserved.

応援もオール足利で! 繋がる絆 『バンクーバーの朝日』も応援


いよいよ明日開幕する、第85回都市対抗野球大会(日本野球連盟毎日新聞主催、7月18日~、東京ドーム)。36年ぶりの出場が決まった足利のクラブチーム「全足利クラブ」を支援するため、市役所内に「応援隊」が編成され、後援会やOB会などと協力して応援態勢を整えています。

応援隊は、チームの前監督で市広報課の栗原祐幸さんをリーダーとする計5人。いずれもチームと深い関わりを持つ人達。市役所別館、臨時事務室を訪ねお話を伺いました。

▼以下、応援隊のみなさんのお話

都市対抗の花 応援コンクールもオール足利体制で望みます

東京ドームでの試合中は、1・3塁側の客席最前列に応援団用の特設ステージが備えられ、郷土芸能やチアリーディング・チアダンスなどのパフォーマンスが行われます。全足利の応援団は市職員有志で結成、足利工業大学付属高校吹奏楽部・足利短期大学付属高校バトントワリング部・「チッパーズ」のチアリーディングなどが応援に華を添えます。市内各所からの応援バスや足利出身・関係者の声援も加えて、1回戦16試合を対象として「ファーストステージ」が設けられる応援コンクールの最優秀賞「トップ賞」を目標に声援します。

野球が繋ぐ 「絆」

市内で撮影が行われた『バンクーバーの朝日』。野球シーンの技術指導などで全足利クラブのOBが協力した縁で、フィルムメイカーズ株式会社代表取締役菊地様より応援うちわ10,000枚が全足利野球クラブ後援会に寄贈されました。ドームではうちわ片手に盛り上がる事間違いなしです。

石井監督・出演者からも応援のメッセージが届きました。「野球」が繋いだ縁です。

最後に野球は勿論ですが、「足利市を全国にPRする絶好の機会」と捉えているとのお話も伺えました。試合の合間には足利市のPRビデオが流れます。特設ステージでは、始球式を行う「たかうじ君」や「とちまる君」も登場予定。八木節の披露や渡良瀬橋43によるミニステージも行われるそうです。スポーツを通じて地域のPRができる。これも都市対抗野球ならではですね。


※この記事に掲載されている情報は取材当時(2014/07/17)のものです。お気づきの点があれば、「あしかがのこと。」編集部へお問い合わせください。

※見出し、記事、写真の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
早川 雅裕

早川 雅裕

あしかがのことでは、映像関連とスポーツを主に担当。 職業柄 「食」についても、たまに担当。 最近では、テレビドラマや映画にボランティアエキストラとして活躍中?? 野球暦 40年 まだまだ 白球を追いかけてます。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

週末限定オープンのショップ。足利のアパレル職人がつくる「YOU GOOD I’m good」

20186/22

週末限定オープンのショップ。足利のアパレル職人がつくる「YOU GOOD I’m good」

都内のレストランでも使われる、長谷川農場の「足利マール牛」

20186/11

都内のレストランでも使われる、長谷川農場の「足利マール牛」

屋台は変わっても変わらぬ「味」。足利名物屋台ポテト入り焼きそば「とみや」

20186/5

屋台は変わっても変わらぬ「味」。足利名物屋台ポテト入り焼きそば「とみや」

展示会場入口。細かい反復する線で描かれた鉛筆画とオブジェ

解説のない企画展。足利市立美術館「真島直子 地ごく楽」

老舗商社が紡ぐはちみつの物語。「れんがHoney Garden」のハニーワッフル

20185/24

老舗商社が紡ぐはちみつの物語。「れんがHoney Garden」のハニーワッフル

ページ上部へ戻る