© あしかがのこと。 All rights reserved.

TEKU TEKU BAKERY (テクテク ベーカリー)

20162/28

渡良瀬川土手沿の「TEKU TEKU BAKERY」。一番人気はクリームパン


足利市内の渡良瀬川に架かる福寿大橋の近く、渡良瀬川土手沿いの静かな住宅地の中にある「TEKU TEKU BAKERY (テクテク ベーカリー)」は、2014年10月にオープンしたばかりのパン屋さんです。地元の人もあまり通らないような場所にある、白と赤の看板と天然酵母の旗が目印の小さなお店です。

「TEKU TEKU」の響きどおり、かわいらしいお店

「犬の散歩やウォーキングコースになっている土手沿いにお店があることから、歩くイメージの『TEKU TEKU(テクテク)』という名前を思いついた」と店主の青木さんは話してくれました。日当たりの良い明るい店内に入ると、パンの良い香りが立ち込めています。

お店の前が駐車場です。

お店の前が駐車場です。

小さい子供がいるママも困らない気配り

ショーケースにはたくさんの焼きたてパンが、スイーツのように並べられています。パン屋さんにしては珍しい、一見ケーキ屋さんのような光景。注文すると一つ一つパンを取り出し、包んでくれます。

パン屋さんで子供が売り物のパンに触ってしまった、目が離せないからゆっくり選べない・・・、小さい子供がいるママは経験があるのではないでしょうか。そんな小さなお子さん連れでも、安心してお店に来てもらえるように、との思いでこのようなかたちになったとのこと。

細やかな心遣いと、丁寧な接客はとても嬉しいです。

パン作りが好き。夢を叶えてベーカリー開業

店主の青木さんは、ご結婚されてから趣味でパン作りにはまり、パン教室や専門学校での勉強、パン屋でのアルバイトなどを経て、ご自宅の隣にこのお店をオープン。穏やかで優しい雰囲気の青木さんですが、実は30歳を過ぎてから、家庭と両立しながら夢を叶えた努力家です。季節のものや使ってみたいスパイスなどを組み合わせて、楽しみながらパン作りをされているのが伝わってきました。

素材にも見た目にもこだわるの天然酵母パン

パンの仕込みは前日から行い、青木さんこだわりの天然酵母で14時間熟成させます。熟成させた生地は、当日朝4時から一つ一つ丁寧に焼き上げられていきます。

メニューは、クリームパン、つぶあんぱんなどスタンダードなものから、いちじくのパン、ひよこ豆のカレーパン、オリーブのフーガスなど珍しいものまで、おかずパンや菓子パン合わせて約30種類。子供も食べられるやさしい味のパンだけでなく、スパイスや風味を楽しめる大人の味のパンもあります。

栃木県産小麦「ゆめかおり」を使用した食パンや土日限定のキッシュもあり、開店直後に売り切れてしまうことも。

人気ナンバー1は「クリームパン」

このお店の人気ナンバー1は、クリームパンだそうです。甘みが強く、味の濃い「那須の御養卵」を使用した自家製カスタードクリームが、たっぷり入っています。カスタードクリームのクリームパン以外にも、チョコレートクリームパン、紅茶のクリームパン、かぼちゃのクリームパンなど季節によって種類が増えることも。自然な甘味でしっとりとした柔らかいパンに、濃厚だけど甘さ控えめなカスタードクリーム。焼きたてはもちろん、冷めても美味しいです。(取材・記事執筆 やまゆか)

クリームパンとキッシュ。キッシュは土日限定

クリームパンとキッシュ。キッシュは土日限定

店舗情報

場所TEKU TEKU BAKERY (テクテク ベーカリー)
〒326-0025 栃木県足利市寿町20-7
備考TEL:070-1447-0842
営業時間:10:00~18:00 (売り切れ次第終了)
定休日:月・火曜日
駐車スペース有 3台
Website:http://tekuteku-bakery.com

※この記事に掲載されている情報は取材当時(2016/02/28)のものです。お気づきの点があれば、「あしかがのこと。」編集部へお問い合わせください。

※見出し、記事、写真の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
コムラボ

コムラボ

特定非営利活動法人コムラボは、「地域の新しい『やりたい・かなえたい』を共創する」をミッションに掲げ、栃木県足利市を拠点に地域の情報技術を支援する非営利団体です。地域Webメディア「あしかがのこと。」、カフェ&シェアオフィス「マチノテ」を運営しています。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利市立美術館企画展「浮世絵にみる子どもたちの文明開化」

“昔ながら”をまもりながら、進化を続けるマルキョーシロップ

20187/7

“昔ながら”をまもり、進化を続けるマルキョーシロップ

週末限定オープンのショップ。足利のアパレル職人がつくる「YOU GOOD I’m good」

20186/22

週末限定オープンのショップ。足利のアパレル職人がつくる「YOU GOOD I’m good」

都内のレストランでも使われる、長谷川農場の「足利マール牛」

20186/11

都内のレストランでも使われる、長谷川農場の「足利マール牛」

ページ上部へ戻る