© あしかがのこと。 All rights reserved.

石原 祐希さん

足利でサーキット型ライブイベント開催!Ashikaga Sound Surround Satellite 2016(足利SSS2016)


6月25日(土)に足利市通一丁目、通二丁目で20代の若者を中心に音楽イベント「Ashikaga Sound Surround Satellite 2016」が開催される。主催者のSOUNDHOUSE PICO オーナーである石原祐希さん(28)に聞いた。

はじめての開催なのにステージが4箇所!

「サーキットイベントをやりたかったので例えば2箇所じゃ足りないし、みなさんに見て欲しいバンドを集めたら4箇所のステージになりました」と石原さんは話す。

このイベントは足利のまちなか計4箇所で開催されるサーキットイベントだ。通一丁目のSOUNDHOUSE PICOでライブステージとアコースティックステージの2箇所、通二丁目にあるGRIMM CAFE’(グリムカフェ) 2階でスタジオライブステージ、GRIMM CAFE’隣のアウトサイドステージで同時に行われる。アウトサイドステージにある受付で入場証を購入し、4箇所を自由に聴いて回ることができる。

出演者は両毛エリアを中心に遠くは新潟県からやってくる

出演アーティストは総勢28組を予定している。足利、太田、佐野など両毛エリアのバンドを中心に、東京、新潟からも参加する。足利出身のハープ演奏者 邊見美帆子さんからハードロックバンド phoneまで出演者の顔ぶれは多彩だ。他にも出店ショップは6店舗、ハーブティカフェのtealなどの飲食店、電子工作やプログラミングを使用した研究開発ができるオープンスペースのはいせんクラブと出演者と同じく参加店舗も様々だ。

Ashikaga SSS タイムテーブル

Ashikaga SSS タイムテーブル

音楽で商店街を人でいっぱいにしたい

「イベント当日は路地裏とかに入ったりするお客さんもいると思うんで、このイベントをきっかけにいろんなお店に入ってもらいたい」と石原さんは開催の目的を話す。

イベントをはじめようとしたきっかけは通二丁目商店街を盛り上げようという方々とのつながりだ。石原さんは商店街が開催するイベントを手伝ったり参加することで「うちも音楽で何かできないか」と思ったのがはじまりだそうだ。自分たちができること=音楽で商店街を人手いっぱいにしたいと今回のイベントを開催することになった。

「Sound Surround Satellite」の意味は、まちなかの至る所で音楽が鳴り響き、SOUNDHOUSE PICOを中心にまちなかを衛星(=Satellite)のようにグルグル歩き回って回って欲しいという気持ちから名付けられた。

関連リンク

Ashikaga SSS 2016

Ashikaga SSS 2016

日時2016年06月25日 OPEN 12:00 / START 13:00 - END 21:00
場所 SOUNDHOUSE PICO 1F/2F GRIMM CAFE' 2F(GRIMM STUDIO) アウトサイドステージ(GRIMM CAFE'隣)
栃木県足利市通 2-2654-11
料金一般 ¥2,000 +1Drink / 高校生以下 ¥1,000+1Drink ※アウトサイドステージは入場無料!
申込方法 チケットについては、各アーティスト様での取置き、またはSOUNDHOUSE PICOホームページよりお願い致します。 当日の入場受付はアウトサイドステージ内となります。
備考出演予定アーティスト(28組)
Bis bald / CAR10 / Chie(FOUR GET ME A NOTS) / Coke Aloha Sisters / dulls / Giraffe / goodbymybicycle / Hand Led / kii / Mississippi Duck Festival / Neth / phone / REAL TIME LOST / Stick man / The Axolotl / THE INFECTED / あやしげふわりすと / ジ・オーネットアウル / てあしくちびる / フェチ / マドハンド / ゆでたまゴン / 岩船ひろき / 坂入健太 / 藤原右裕 / 葉月那央 / 瑠璃色リリィ / 邊見美帆子

※この記事に掲載されている情報は取材当時(2016/06/11)のものです。お気づきの点があれば、「あしかがのこと。」編集部へお問い合わせください。

※見出し、記事、写真の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
山田 雅俊

山田 雅俊

特定非営利活動法人コムラボ 代表理事、あしかがのこと。発行責任者。本業はIT屋。システム開発、Web製作、ICTサポートの経験を生かし、地方都市における情報格差に対し企業・NPO法人の両方から取り組む。趣味のカメラで子どもたちを撮るのが楽しみ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利市立美術館企画展「浮世絵にみる子どもたちの文明開化」

“昔ながら”をまもりながら、進化を続けるマルキョーシロップ

20187/7

“昔ながら”をまもり、進化を続けるマルキョーシロップ

週末限定オープンのショップ。足利のアパレル職人がつくる「YOU GOOD I’m good」

20186/22

週末限定オープンのショップ。足利のアパレル職人がつくる「YOU GOOD I’m good」

都内のレストランでも使われる、長谷川農場の「足利マール牛」

20186/11

都内のレストランでも使われる、長谷川農場の「足利マール牛」

ページ上部へ戻る