© あしかがのこと。 All rights reserved.

マスターの石原祐希さん

20171/26

コーヒーカップに凝縮された香りと旨味の世界「GRIMM CAFE′」


見つけた!コーヒー好きに教えたい店

足利市立美術館北の通2丁目交差点から東へ100m程歩いたところにある【GRIMM CAFE′グリムカフェ】。店先には黒板に描かれたホットドックの手書きイラスト、アコースティックギターと味のあるベンチが置かれ、ドアを開ける前から来店者の気持ちを楽しませてくれます。心地よい音楽とコーヒーの芳しい香りのする店内。壁面造りつけの棚には形の異なるカップがいくつか飾られ、カウンターに目をやると数種類のコーヒー豆が並んでおり、コーヒーへのこだわりを感じます。そんなお店のマスターである石原祐希いしはらゆうきさんにお話を伺いました。

「グリム」に込められた思いとは?

通1丁目にあるライブハウス【SOUNDHOUSE PICOサウンドハウス ピコ】のオーナーでもあり、ご自身も学生時代から音楽に親しんでいる石原さん。「みんなが気軽に立ち寄れる場所をつくりたい」という思いで2015年1月にこのお店をオープンさせました。店名の由来は『ヘンゼルとグレーテル』や『白雪姫』など、兄弟で数々の童話を生み出したあのグリム兄弟から。兄(PICO)と弟(GRIMM CAFE′)が協力し、ここから新しい物語を始めようという思いが込められているそうです。音楽への気持ちが熱いマスターですが、カフェで提供するコーヒーにも同じくらい思い入れがあり、豆は、市内にある【自家焙煎珈琲豆家 ひなの】から仕入れています。焙煎してから一週間以内の豆しか販売しないこだわりのお店です。

入ってすぐ左手にロゴの作成過程とstoryを描いた黒板

入ってすぐ左手にロゴの作成過程とstoryを描いた黒板

マスターが衝撃を受けた2つの豆

もともとコーヒーが大好きだというマスター。GRIMM CAFE′にはホットコーヒーはイエローブルボン・アマレロコーヒーとパカマラコーヒー(深煎り)の2種類があります。通常コーヒーの実は赤いのですが、黄色に熟し、より甘みが強くフレッシュな果実味があるのがイエローブルボン。身体にスッと染み入る優しい味わいと華やかな香りが特徴です。一方、パカマラは粒が大きく、特有の香りがあり、雑味がなく透明感のある味わい。フルーツを思わせる香りと、ワインのような風味が特徴です。「飲んだ時に衝撃をうけました。どちらもミルクがいらないくらい口当たりが良いです。ぜひ皆さんにも味わってほしいんです。」と石原さんは笑顔で話してくれました。

おいしさ引き出す3℃の温度差!

さっそくマスターおすすめのアマレロコーヒーとパカマラコーヒーを注文すると、カウンター越しに焙煎したての豆を挽いてくれました。「豆によってお湯の温度を変えます。アマレロは83℃、パカマラは80℃で淹れるんですよ。お湯の温度が高すぎると苦みが出ちゃうんです。」と話しながら、ハンドドリップにて一杯ずつ丁寧に淹れてくれました。GRIMM CAFE′ ではホット、アイス、カフェオレと全て違う豆をご用意しています。

アマレロコーヒー 400円(二杯目以降は半額)

アマレロコーヒー 400円(二杯目以降は半額)

喜んでもらいたいから手間は惜しまず

お店でゆっくり味わう時間がない時は、ドリンク全メニューとグリムドッグ(ホットドッグ)のテイクアウトが可能です。もちろんお持ち帰りでもコーヒーは注文を受けてから一杯ずつ豆を挽きドリップします。店内が混んでいなければ待ち時間は一杯5分ほど。「多少お時間はいただきますが、ぜひ挽きたて淹れたてをお客様に味わってもらいたいんです。グリムドッグもご注文いただいてから1品ずつお作りしています。」手間を惜しまず、お客様に喜んでもらいたいというマスターの温かい気持ちが伝わってきました。(記事執筆:石川由貴、デスク:山田雅俊、校正:茂木諭子)

参考文献

グリムカフェ 店舗情報

グリムカフェ外観

場所GRIMM CAFE′(グリムカフェ)
栃木県足利市通2-2654-11
備考URL:http://www.grimmcafe.com
TEL:0284-22-7005
OPEN:12:00、CLOSE 22:00(LUNCH 12:00~15:00)
座席:17席、個室なし、貸し切り可(20人以下)
分煙:(12:00~16:00まで禁煙)
定休日:火曜日(祝日の場合営業) 
駐車場:7台
Wi-Fi完備
アクセス:
【車でお越しの方】北関東道足利I.C.から車で約10分
【電車でお越しの方】JR両毛線足利駅から徒歩で約10分、東武伊勢崎線足利市駅から徒歩で約10分
【周辺観光地】足利学校から徒歩5分、足利美術館から徒歩3分

※この記事に掲載されている情報は取材当時(2017/01/26)のものです。お気づきの点があれば、「あしかがのこと。」編集部へお問い合わせください。

※見出し、記事、写真の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
コムラボ

コムラボ

特定非営利活動法人コムラボは、「地域の新しい『やりたい・かなえたい』を共創する」をミッションに掲げる、栃木県足利市を拠点に地域の情報技術を支援する非営利団体です。地域Webメディア「あしかがのこと。」、コワーキングスペース「SPOT3」を運営しています。

コメントは利用できません。
あしかがのこと。4周年

20173/14

おかげさまで4周年!あしかがのこと。閲覧数ランキング

あしかがのこと。は、2017年3月で創刊4周年を迎えました。月2回発行のWebマガジンからはじまり、いまの形になってから早2年。私たちが「地…

足利市立美術館で戦国時代の名匠「堀川国広」の刀剣が国内初展示

20172/25

足利市立美術館で戦国時代の名匠「堀川国広」の刀剣が国内初展示

3月4日から4月2日まで足利市通二丁目にある足利市立美術館で国の重要文化財の刀剣の展示が行われます。通称『山姥切国広やまんばぎりくにひろ』(…

お寺で屋台のコーヒー店!?山川長林寺にある「寺カフェ」

20172/24

お寺で屋台のコーヒー店!?山川長林寺にある「寺カフェ」

足利市山川町にある山川長林寺(以下、長林寺)には、土日限定でコーヒー店が出店します。「寺カフェ」マスターの菊池嘉一郎きくち かいちろうさんに…

あんこが入っていない!?鑁阿寺そばにある「はとや」のお好みたい焼き

20172/23

あんこが入っていない!?鑁阿寺そばにある「はとや」お好みたい焼き

足利観光の中心地、国宝である鑁阿寺の北門を出るとすぐ右手に見えるのは、昭和48年に開店した「はとやお好み焼き店」。奈良県出身のご主人、滝谷瑞…

ソース作りは幸せのため、創業120年の月星食品が作るパラダイスなソース

ソース作りは幸せのため。創業120年の月星食品が作るパラダイスなソース

足利市錦町にある月星ソースを製造している月星食品株式会社の創業は1895年(明治28年)。「創業者の長沼三四郎さんしろうは新しいものが好きで…

ページ上部へ戻る