© あしかがのこと。 All rights reserved.

ソース作りは幸せのため、創業120年の月星食品が作るパラダイスなソース

ソース作りは幸せのため。創業120年の月星食品が作るパラダイスなソース


足利市錦町にある月星ソースを製造している月星食品株式会社の創業は1895年(明治28年)。「創業者の長沼三四郎さんしろうは新しいものが好きで、西洋に憧れを持ったハイカラな人でした」と話すのは現社長である5代目の長沼幹雄さんです。

120年前、ハイカラな社長が足利に伝えたかった西洋の調味料

創業当時はイギリス生まれのウスターソースが東京や大阪で新しい調味料「洋式醤油」として人気が出てきた時期。興味をもった三四郎さんが足利にもその味を伝えたいと考え、東京と足利を行き来しながら試作を重ね、ソースを完成させたのが月星食品のソースづくりの始まりです。

歴史ある月星食品の商品で、目に付くのが瓶に入った「スパイシーパラダイスソース」です。「ガツンとくる辛口」と説明書きがあり、名前には「パラダイス」の文字。ソースの商品名でパラダイスというのは初耳です。「ガツン」「辛口」「パラダイス(楽園)」、どのようなソースなのでしょうか?

「日本一おいしい」を目指して作ったソース

スパイシーパラダイスソースは他社にはないワンランク上のギフト用商品シリーズとして、20年以上前にナチュラルフルーツ、ヘルシーソースなどと誕生しました。容器はガラス製で、ソースを注ぐとき後ろに回らないような工夫がされた挿し口を使用したところにもこだわりが見えます。特長は唐辛子やブラックペッパーのガツンとした辛さと、野菜と果物の旨みが広がる大人好みの味。タイム、セージなどのハーブの爽やかさも香ります。商品開発に3年間をかけ、日本一おいしいといわれるソースを目指して作り上げたそうです。

ワンランク上のソースということでパッケージもソースらしくない華やかさを意識しているそうです。

ワンランク上のソースということでパッケージもソースらしくない華やかさを意識しているそうです。

ただ辛いだけのソースじゃない!?

スパイシーパラダイスのネーミングは先代の清社長。「ただ辛いだけのソースはどこにでもある。ガツンという辛さの後、おいしくてたまらない、口にするとまるで楽園にいるかのような幸せな気分になれる」ということで、この名前が付けられたそうです。月星ソースの商品の中でナンバー2の人気。リピーターも多いとのことです。
「今、おいしいと思っているソースと比べてもらいたい、ここにしかないソースです。目を閉じて、ゆっくりと味わってみて欲しい」と幹雄社長のおすすめです。

食卓を彩るソースを通してお客様を幸せにしたい

ソース作りは職人が自分の目で選んだ材料を使い、先代から受け継いだ伝統の製法でじっくりと時間をかけ、手作業で製造しています。
月星食品には「月星を通して皆が幸せになってもらいたい」という思いがあるそうです。「食べておいしければ、家族が笑顔になり食卓も豊かになる。お客様の日常にちょっとした幸せを感じてもらうことで、同時に私たちも作って売る幸せを感じることができるのです」と幹雄社長は語ります。

写真左:長沼幹雄社長、スタッフのみなさんと工場直売店の入り口にて

写真左:長沼幹雄社長、スタッフのみなさんと工場直売店の入り口にて

月星食品株式会社 直売所

場所月星ソース製造本舗 月星食品株式会社
足利市錦町77番地
備考TEL:0284-41-6743
FAX:0284-42-9717
フリーダイヤル:0120-41-6743
直売店営業時間:9:00~17:00
定休日:土・日曜日
ホームページ:http://www.tsukiboshi-s.co.jp/

※この記事に掲載されている情報は取材当時(2017/02/21)のものです。お気づきの点があれば、「あしかがのこと。」編集部へお問い合わせください。

※見出し、記事、写真の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
コムラボ

コムラボ

特定非営利活動法人コムラボは、「地域の新しい『やりたい・かなえたい』を共創する」をミッションに掲げる、栃木県足利市を拠点に地域の情報技術を支援する非営利団体です。地域Webメディア「あしかがのこと。」、コワーキングスペース「SPOT3」を運営しています。

コメントは利用できません。
その数1,300基以上!栃木県内で古墳が最も多い場所、足利

その数1,300基以上!栃木県内で古墳が最も多い場所、足利

足利市は1,300基以上の古墳があり、栃木県内で最も多く古墳が造られた地域です。足利公園古墳群は、市の中央を流れる渡良瀬川の北側に位置し、市…

初心者でも簡単に作れる、廃材を活用した布ぞうり講習会

20173/31

初心者でも簡単に作れる、廃材を活用した布ぞうり講習会

足利市中心部、国宝鑁阿寺ばんなじの西側にある北仲通を歩くと「エコサロン」と書いてある建物があります。サロン内を覗くと色とりどりの布ぞうりが並…

看板がいくつもあるのにご近所さんも名前を知らない「斎藤八百屋」

20173/29

看板がいくつもあるのにご近所さんも名前を知らない「斎藤八百屋」

足利市江川町にある「斎藤八百屋」は40年程前から営業しており、現在のご主人で2代目となります。実はこのお店、付近を車で走った事がある人なら1…

あしかがのこと。4周年

20173/14

おかげさまで4周年!あしかがのこと。閲覧数ランキング

あしかがのこと。は、2017年3月で創刊4周年を迎えました。月2回発行のWebマガジンからはじまり、いまの形になってから早2年。私たちが「地…

足利市立美術館で戦国時代の名匠「堀川国広」の刀剣が国内初展示

20172/25

足利市立美術館で戦国時代の名匠「堀川国広」の刀剣が国内初展示

3月4日から4月2日まで足利市通二丁目にある足利市立美術館で国の重要文化財の刀剣の展示が行われます。通称『山姥切国広やまんばぎりくにひろ』(…

ページ上部へ戻る