© あしかがのこと。 All rights reserved.

旅猫リポート

第31回東京国際映画祭 足利撮影作品『旅猫リポート』取材


今年で31回目を迎えた東京国際映画祭が、10月25日木曜に東京六本木ヒルズで開催されました。今年のアンバサダーである松岡茉優さんは、薄いピンク色のロングドレスで登場。思い思いの衣装で登場する俳優たちがレッドカーペットを彩り、集まった映画ファンを魅了しました。

今回あしかがのこと。が注目したのは、足利市(筑波小学校)でも撮影された『旅猫リポート』。『旅猫リポート』は特別招待作品として、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで上映され、上映後の舞台挨拶には福士蒼汰さんと猫のナナ、三木康一郎監督が登壇しました。

福士さんは本作の特別招待について「映画祭に出演作品が出品されるのは初めて。とても光栄ですし、たくさんの皆さんに見てもらえる機会でうれしい」と話しています。上映後の舞台挨拶とあって、場内を見渡しながら「皆さんの表情を見ると、いろんな感慨があるのかなと思う」としみじみ語りました。国際舞台でのお披露目に加えて、すでに7ヶ国での配給も決まったことについては「世界の皆さんにも伝わる普遍的な愛情が描かれている」。ナナを抱きながら「最近、ようやく仲良くなれた気がする」と微笑ましい場面もあった。

最後のレッドカーペットイベントにも参加した福士さんとナナ、三木監督。ちなみに、このイベントに動物が参加するのは初めてだったそう。三木監督が「一度ナナに自由に歩かせてみようか?」と提案した際には、福士さんがすかさず「やってみたいですけど!」と発言。レッドカーペットへの意気込みを尋ねられた福士さんは、しばらく考えたあとに「意気込み、あります! 一歩一歩貴重な時間を感じて歩きたいです」と答え、観客から大きな拍手を贈られていました。三木監督は「右手と右足が同時にでないように注意します」と答え、観客からは爆笑が起こり、舞台挨拶は終了した。

本作品は、有川浩の小説を映画化。主人公・悟がある事情から愛猫のナナを手放すことになり、新しい飼い主を見つけるためナナと旅をする様子を描くロードムービー。


※この記事に掲載されている情報は取材当時(2018/11/26)のものです。お気づきの点があれば、「あしかがのこと。」編集部へお問い合わせください。

※見出し、記事、写真の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
早川 雅裕

早川 雅裕

あしかがのことでは、映像関連とスポーツを主に担当。 職業柄 「食」についても、たまに担当。 最近では、テレビドラマや映画にボランティアエキストラとして活躍中?? 野球暦 40年 まだまだ 白球を追いかけてます。

コメントは利用できません。
ロケットパン

足利の学校給食の今。なぜ「ロケットパン」は姿を消したのか

足利で創業100年。親子3代続く稲葉納豆工業所

足利で創業100年。親子3代続く稲葉納豆工業所

保護者と子どもで決める放課後の過ごし方

遊べる場所が無いから作った 保護者と子どもで決める放課後の過ごし方「葉鹿学童クラブ」

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利市立美術館企画展「浮世絵にみる子どもたちの文明開化」

ページ上部へ戻る