© あしかがのこと。 All rights reserved.

12月14日(火)の第二十一回「火曜だがね」は「足利市立美術館」です。


午後8時からの火曜だがねは足利市立美術館で現在開催されている展覧会「話の話 Tale of Tales / ロシア・アニメーションの巨匠 ノルシュテイン&ヤールブソワ」を実際に企画された学芸員の江尻潔さんをお招きしてお話しを聞きます。

本展は、ロシアのみならず世界を代表するアニメーション作家ユーリー・ノルシュテイン (1941- )と、その多くの作品の美術監督を務めるフランチェスカ・ヤールブソワ(1942- )夫妻のこれまでで最大の展覧会です。
展覧会のタイトル「話の話」は、ノルシュテインの経験や思い出にもとづく長編アニメーション映画の題名からとりました。1979年に制作されたこの映画は国際アンケートによって「歴史上、世界最高のアニメーション」に選ばれました。「映像の詩人」とも呼ばれるノルシュテインの作品は、鋭い観察眼により創り出され、人間や世界に対する深い愛情に満ちています。マルチプレーンと呼ばれる多層のガラス板に切り絵を配置する手法によって丹念に生み出された繊細で深みのある空間は、アニメーション・ファンのみならず世界中の映像作家をも魅了してきました。
本展では、ノルシュテインが監督をした8つのアニメーションを中心に、ヤールブソワの美しいエスキースや絵本原画、マルチプレーンを展覧会用に再現したマケットを交え、夫妻の創造の過程、映画完成後の展開を約800点の作品により紹介いたします。(足利市立美術館展覧会紹介ページより引用)

番組の録画


※この記事に掲載されている情報は取材当時(2010/12/13)のものです。お気づきの点があれば、「あしかがのこと。」編集部へお問い合わせください。

※見出し、記事、写真の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

あしかがのこと。

特定非営利活動法人コムラボは、「地域の新しい『やりたい・かなえたい』を共創する」をミッションに掲げる、栃木県足利市を拠点に地域の情報技術を支援する非営利団体です。地域Webメディア「あしかがのこと。」、コワーキングスペース「SPOT3」を運営しています。

コメントは利用できません。
ロケットパン

足利の学校給食の今。なぜ「ロケットパン」は姿を消したのか

足利で創業100年。親子3代続く稲葉納豆工業所

足利で創業100年。親子3代続く稲葉納豆工業所

保護者と子どもで決める放課後の過ごし方

遊べる場所が無いから作った 保護者と子どもで決める放課後の過ごし方「葉鹿学童クラブ」

旅猫リポート

第31回東京国際映画祭 足利撮影作品『旅猫リポート』取材

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

ページ上部へ戻る