© あしかがのこと。 All rights reserved.

世界一高級なコーヒー豆「コピ・ルアク」も並ぶ「珈琲処 晴れ晴れ」

20172/13

世界一高級なコーヒー豆「コピ・ルアク」も並ぶ「珈琲処 晴れ晴れ」


足利の観光案内所「太平記館」より北へ約2分歩くと、右手にコーヒー専門店が見えます。お店の名前は「珈琲処 晴れ晴れこーひーどころ はればれ」。2015年3月に水谷 英晴みずたに ひではるさんと智華子ちかこさんご夫妻が開いたお店です。ご主人の名前の一文字「晴」を使った店名の由来は「コーヒーを飲んで晴れやかな気持ちになって欲しい」という願いから。扉を開けると、芳醇なコーヒーの香りに包まれます。目の前に焙煎機が置かれ、ショーケースには常時約60種のコーヒー豆が並びます。

珈琲処 晴れ晴れ 外観

珈琲処 晴れ晴れ 外観

オーダーを受けてから焙煎する店主のこだわり

店頭に並ぶコーヒー豆は、全て焙煎前の生豆です。それは、焙煎すると豆の酸化が始まってしまうため。酸化が進むと、コーヒーの風味が損なわれます。「お客様がご自宅で、できるだけ長く新鮮で美味しいコーヒーを味わえるように」と注文を受けてから焙煎するのが店主のこだわりです。酸味が苦手な方には焙煎度合いを深めにしたり、苦みが嫌いな方には浅めにしたりと、お客様一人ひとりに合わせた豆を選び焙煎します。「どうぞお気軽にご相談下さい。お客様が納得する豆に出会えるようお手伝いします」と智華子さん。

世界で一番高級な「幻のコーヒー豆」

お店の中で最も高級な豆の価格は、100gで6,800円。その名は「コピ・ルアク」。小林聡美らが主演した映画「かもめ食堂」で、コーヒーが美味しくなるおまじないの言葉としても登場します。幻と言われる理由は、その精製方法にあります。インドネシアでは、熟したコーヒーの種子をジャコウネコが食べてしまうことがあります。しかし、消化されなかった種子は、体外に出てきます。それを精製したものが「コピ・ルアク」です。販売しているお店が少ないため、県外からも買いに来るお客様がいらっしゃるそうです。

ジャコウネコのパッケージが目を引くコピ・ルアク

ジャコウネコのパッケージが目を引くコピ・ルアク

どんな淹れ方でも美味しく飲めるスペシャリティコーヒー

お店の豆は、全てニュークロップと呼ばれる「その年に採れた新豆」です。年間で販売する量を予測し、一年以内に売り切れるようにしています。もちろん豆の品質にもこだわりがあるそうです。扱うのは、世界で生産される豆のわずか数パーセントと言われる「スペシャリティコーヒー」ばかり。産地や生産者の履歴がはっきりしていて、風味や香りが際立つ高い評価の豆だけを揃えます。「新鮮で高品質な豆であれば、どんな淹れ方でも大丈夫。本当に美味しく飲めるんですよ」と英晴さんは話します。

アフターフォローも充実!さらに美味しく楽しむために

せっかく手に入れたコーヒー豆、もっと美味しく飲みたいという人には「コーヒー淹れ方講座」(毎月第3金曜日)も開催しています。ちょっとしたコツでコーヒーがさらに美味しくなると好評だそうです。「その人が美味しいと感じるものが、最高の一杯です。自由に楽しんで飲んで欲しいです」と笑顔で話す水谷ご夫妻。60種の豆を順番に楽しむお客様や、同じ豆で焙煎具合を変えて楽しむお客様など、味わい方は十人十色。お客様が満足できる一杯になるよう、今日も一人ひとりの豆を焙煎しています。(取材記事執筆:尾崎佳代子、デスク:山田雅俊)

参考文献

  1. 角謙二 食の教科書 コーヒーの基礎知識 枻出版 2010年
  2. 日経おとなのOFF No.174 日経BP社 2015年11月号
場所珈琲処 晴れ晴れ(こーひーどころ はればれ)
栃木県足利市大町2番地3
備考TEL:0284-64-9785
開店時間:10:00〜18:00
席数:16席(2階)
定休日:水曜日・第2・第4木曜日
駐車場:太平記館(足利市観光協会)駐車場
ご利用の際に「『珈琲処 晴れ晴れ』に行く」とお伝え下さい。

※ 生豆の状態でも販売可能
※ 店内喫茶室では、ブレンドコーヒー(一杯400円〜)など飲食メニューあり


https://www.facebook.com/harebarecoffee/

※この記事に掲載されている情報は取材当時(2017/02/13)のものです。お気づきの点があれば、「あしかがのこと。」編集部へお問い合わせください。

※見出し、記事、写真の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
コムラボ

コムラボ

特定非営利活動法人コムラボは、「地域の新しい『やりたい・かなえたい』を共創する」をミッションに掲げる、栃木県足利市を拠点に地域の情報技術を支援する非営利団体です。地域Webメディア「あしかがのこと。」、コワーキングスペース「SPOT3」を運営しています。

コメントは利用できません。
その数1,300基以上!栃木県内で古墳が最も多い場所、足利

その数1,300基以上!栃木県内で古墳が最も多い場所、足利

足利市は1,300基以上の古墳があり、栃木県内で最も多く古墳が造られた地域です。足利公園古墳群は、市の中央を流れる渡良瀬川の北側に位置し、市…

初心者でも簡単に作れる、廃材を活用した布ぞうり講習会

20173/31

初心者でも簡単に作れる、廃材を活用した布ぞうり講習会

足利市中心部、国宝鑁阿寺ばんなじの西側にある北仲通を歩くと「エコサロン」と書いてある建物があります。サロン内を覗くと色とりどりの布ぞうりが並…

看板がいくつもあるのにご近所さんも名前を知らない「斎藤八百屋」

20173/29

看板がいくつもあるのにご近所さんも名前を知らない「斎藤八百屋」

足利市江川町にある「斎藤八百屋」は40年程前から営業しており、現在のご主人で2代目となります。実はこのお店、付近を車で走った事がある人なら1…

あしかがのこと。4周年

20173/14

おかげさまで4周年!あしかがのこと。閲覧数ランキング

あしかがのこと。は、2017年3月で創刊4周年を迎えました。月2回発行のWebマガジンからはじまり、いまの形になってから早2年。私たちが「地…

足利市立美術館で戦国時代の名匠「堀川国広」の刀剣が国内初展示

20172/25

足利市立美術館で戦国時代の名匠「堀川国広」の刀剣が国内初展示

3月4日から4月2日まで足利市通二丁目にある足利市立美術館で国の重要文化財の刀剣の展示が行われます。通称『山姥切国広やまんばぎりくにひろ』(…

ページ上部へ戻る