© あしかがのこと。 All rights reserved.

足利市民プラザ演劇祭2013 駒形奈津子さんインタビュー


今回は9月21日、22日にオリジナルミュージカル『Mia’s Magical Stick ~ミアの魔法の杖~』の本番を控えた演劇集団 Brilliant☆Smile代表の駒形奈津子さんにお話を伺いました。

d4c78784562e44018d682dee5fdf4ac1

―― 演劇集団 Brilliant☆Smileはどんな劇団ですか

駒形さん(以下敬称略): 2002年に太田市と足利市在住のメンバーを中心に結成しまして、今年で12年目を迎えています。足利市民プラザや堺総合文化センターなどの大きなところでやらせていただく公演は13回目ですが、その他に「ぐんまこどもの国」とか児童館とかで子ども向けのショーなどもやっている劇団です。ミュージカルを主にやっていますが、団名を「ミュージカル集団」ではなく「演劇集団」としたのは、ミュージカルにとらわれることなくショーやダンスのない普通のお芝居もやりたいし、いろいろな形でやっていきたいと思っているからです。

――「Brilliant☆Smile」という劇団名はどのような経緯でつけられたのですか

「Brilliant☆Smile」という名前は「輝く笑顔」という意味で、お客様を笑顔にできるような舞台を創りたいという意味を込めています。もちろん私達、キャストやスタッフや関わってくださった皆さん全てが笑顔になれるような活動をしていきたいという思いも込められています。私たちの劇団は、小さな子どもからおじいちゃんまで世代を超えた人たちがキャストやスタッフとして力を集結させて創るという、家族のように絆の強い劇団になっています。そのようにしてオリジナルミュージカルをつくっているところが、私達の強みなのかなと思います。

――  「オリジナルミュージカル」について、もう少し詳しくお聞かせください

駒形: 8年くらい前から本も音楽も自分たちで書いてます。原作、脚本、演出、作曲、振付と全部オリジナルで、世界に一つしかないミュージカルというのをコンセプトにやっています。そのため苦労も何倍にもなってしまうのですが、すごく楽しいですよ。メンバーそれぞれが得意分野を活かし得意技を出し合う形でつくっていくので、皆の総合力で創っているという実感がありますね。

―― まさしくオリジナルですね。ところでミュージカルでは歌って踊る場面がたくさんあるようですが、稽古の面で他のお芝居と違うところはありますか

駒形: ミュージカルは歌があってダンスがあってというイメージを持たれていると思うんですけれど、歌もダンスもお芝居の一部なんです。 表現するために踊り、役の気持ちを表現するために歌うっていうことなんです。ミュージカルを観るのが苦手な方って結構いらっしゃるんですが、なにも突然意味もなく歌い出すわけではなく、例えば悲しい気持ちだったら、それがお客様により伝わるように、そのシーンに合った悲しい旋律を歌い表現します。お稽古としては、じゃあ歌のお稽古ね、ダンスのお稽古ねって分けてやるんですけれど、最終的にはひとつのお芝居として挑んでいるって感じですね。

―― 今回の演劇祭で上演されるのはどのような作品ですか

駒形:オリジナルミュージカル『Mia’s Magical Stick ~ミアの魔法の杖~』というタイトルのミュージカルで、同じ場所(足利市民プラザ)で2009年に上演させていただいた作品の再演となります。私達としてもオリジナルミュージカルの再演は初めての試みです。再演の場合前の作品を持ってくることもできますが、今回は全く新しいものを創るという目標を掲げました。台本も役者にあわせて役を増やしたり、シーンを変えたり、新曲を入れたり、元の曲はアレンジを変えたりして、2009年の良い所は残し、もっと良くなるところは更に良くしてバージョンアップしています。
魔法の世界が舞台なんですけれど、私達が暮らしている日常と心の動き方は同じなんですね。きっとお客様には温かいものが伝わると思います。またキャストとして小学1年生から大人まで出演しますので、子どもから大人までのお客様に楽しんでいただける作品になっていると思います。

―― さて、駒形さんにとって演劇とは何ですか

駒形: ちょっと大きいことを言うと、人生そのものって感じですかね(笑)。私は小学2年生から演劇というものをやっているので、もう20年以上、そう…人生の半分以上をやってきています。もしなくなってしまったら私の人生じゃないと感じるでしょうね。

―― ありがとうございました

(聞き手/「あしかがのこと。」編集員:岩澤)

利市民プラザ演劇祭2013 上演スケジュール

オリジナルミュージカル
『Mia’s Magical Stick ~ミアの魔法の杖~』

日時:

  • 9月21日19:00開演
  • 9月22日14:00開演

場所:足利市民プラザ文化ホール
演劇集団 Brilliant☆Smile(ブリリアント☆スマイル)
オフィシャルサイトはこちら
オフィシャルブログはこちら


※この記事に掲載されている情報は取材当時(2013/09/19)のものです。お気づきの点があれば、「あしかがのこと。」編集部へお問い合わせください。

※見出し、記事、写真の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
コムラボ

コムラボ

特定非営利活動法人コムラボは、「地域の新しい『やりたい・かなえたい』を共創する」をミッションに掲げ、栃木県足利市を拠点に地域の情報技術を支援する非営利団体です。地域Webメディア「あしかがのこと。」、カフェ&シェアオフィス「マチノテ」を運営しています。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ロケットパン

足利の学校給食の今。なぜ「ロケットパン」は姿を消したのか

足利で創業100年。親子3代続く稲葉納豆工業所

足利で創業100年。親子3代続く稲葉納豆工業所

保護者と子どもで決める放課後の過ごし方

遊べる場所が無いから作った 保護者と子どもで決める放課後の過ごし方「葉鹿学童クラブ」

旅猫リポート

第31回東京国際映画祭 足利撮影作品『旅猫リポート』取材

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

ページ上部へ戻る