© あしかがのこと。 All rights reserved.

201410/12

「When you are smiling in あしかが 2014」開催レポート


「When you are smiling in あしかが 2014」が開催されました!

去る9月28日の日曜日。雲一つない青空の下、「When you are smiling in あしかが 2014」が開催されました。

今回で3回目となる本イベント。
毎年少しずつ認知もあがり、来てくださる方も増え、当日は90名を超える親子の皆さんと、楽しい一日を過ごすことができました。

当日の様子を、少しだけご紹介…

流しそうめん

「とにかく子どもが流しそうめんをやりたくて」という声もあちらこちらで聞かれた流しそうめん。
もちろん、竹は本物を用意。
今年はたくさんの方が一度に楽しめるよう、全部で10本近い竹をつないで、ロング流しそうめんの完成!
長くなると勾配がつけづらくなりそうめん渋滞発生…というハプニングもありましたが、大人・子どもがそれぞれの身長に合った場所でそうめんを頬張る様子は圧巻でした。

段ボールハウスづくり

今年、ワークショップとして初めて挑戦した段ボールハウスづくり。
予想以上の力作が次々と完成して、見ているこちらがびっくり!
ガムテープで段ボールをつなぎ合わせたり、絵具で独創的な絵を描いたり。
もちろん、中に入って遊ぶ子も。

時間を忘れて夢中になっていました。

 

 

音楽ライブ♪

待ってました! 本イベントメインのバンドによる音楽ライブ。
When you are smilingのライブの特長は、ゆる~く参加できること。
ジッとしていない子どもたちと一緒だからこそ、途中で子どもが騒ごうが、走り回ろうが、途中で(やむなく)席を立とうがOKです。
子育て中はなかなか聴けない生演奏を、自然の中で堪能していただけたのではないでしょうか。

 

この会場に来たら絶対にやりたくなる芝滑りは、今年も大盛況。

出張綿あめ屋さんも登場して、子どもたちの人気を集めていました。

 

子育て中のお父さん、お母さんに、子育てのちょっとした「息抜き」をしてほしい。

そんな思いから始まっている本イベントは、来年もまた、夏頃に開催予定です。
みなさまのご来場をお待ちしております。

協賛・ご協力いただいた企業様


※この記事に掲載されている情報は取材当時(2014/10/12)のものです。お気づきの点があれば、「あしかがのこと。」編集部へお問い合わせください。

※見出し、記事、写真の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
satoko motegi

satoko motegi

足利生まれ、足利育ち。坂西地区出身・在住。 大学・社会人時代は神奈川と東京で過ごすも、長女の出産を機に足利に戻り、現在は東京(職場)と足利を行ったり来たりの生活を送る。 二児の母。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ロケットパン

足利の学校給食の今。なぜ「ロケットパン」は姿を消したのか

足利で創業100年。親子3代続く稲葉納豆工業所

足利で創業100年。親子3代続く稲葉納豆工業所

保護者と子どもで決める放課後の過ごし方

遊べる場所が無いから作った 保護者と子どもで決める放課後の過ごし方「葉鹿学童クラブ」

旅猫リポート

第31回東京国際映画祭 足利撮影作品『旅猫リポート』取材

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

ページ上部へ戻る