© あしかがのこと。 All rights reserved.

201410/16

地鶏炭火焼 やきとり君 その2


前号でご紹介した『地鶏炭火焼 やきとり君』。コムラボの男性メンバー3人で行ってきたので、今回はその様子をレポートします。

店内に入るとしんちゃんとゆみさんが笑顔でお出迎え。

まずは、アルコールとおまかせで串盛を注文。

やきとりが焼けるまで、前菜に今日のおすすめ「もつ煮」を頂きましたが、これが絶品でした。

お待ちかねの串盛が登場

やきとり・つくね・しろもつ・皮・レバーにかしらトマトベーコン・ポテトフランク・魚肉ソーセージが登場。3人でおいしく頂きました。

筆者おすすめは、つくねとレバー。

つくねは塩でいただくと肉の甘味と旨みを感じさせる至極の一品。

レバーは是非タレで。柔らかな肉の食感と香ばしいタレがこれまた絶品。

もちろん、やきとりはおいしくて当たり前。

焼き物は注文があってから、カウンター内で丁寧に炭火で焼かれています。

カウンターに座っている常連らしき人からこんなアドバイスが。

焼き物が忙しい時には注文せず、しんちゃんからの「そろそろ焼くよ」の一声で注文をするのがこの店の流儀らしいです。

そうそう、「前回の記事が好評でした。今回もよろしくお願いします。」とお話したところ

サービスでもろきゅーを出して頂きました。「料理人の技を写真で紹介して下さい。」と。

この店のもう一つの魅力は、やきとり各種の値段です。

1本『税込み110円』とは、なんと良心的な値段なんでしょう。

今回3人でおじゃましても5,000円でおつりが…安い!! もちろんアルコール代も含めての値段です。

お忙しい時間帯に丁寧に対応をして頂き、ありがとうございました。

これからの季節おすすめの人気メニュー

『アツアツおでん』

(イメージイラスト)

あつあつのおでんは、関東風の味付け。牛筋やちくわぶ、玉子など種類も豊富。

おまかせセットやハーフセットなどのセットメニューがやきとり君では人気。

勿論一品からでもチョイスできます。

冷えきった体を温めるのにまず、注文して欲しいメニューです。

『ホットワイン』

温めた赤ワインにシナモンステックと干ぶどうが入り絶妙な風味を楽しめます。

女性に人気のメニューです。

寒さが厳しくなる季節ですが、是非来店してみて下さい。

心も体も温まる『おもてなし足利』を体験できるグルメスポットです。

地鶏炭火焼 やきとり君

住所:
〒326-0814 足利市通2丁目3585
電話:
0284-41-3489
営業時間:
午後5時30分~午後11時
定休日:
月曜日、第3日曜日


※この記事に掲載されている情報は取材当時(2014/10/16)のものです。お気づきの点があれば、「あしかがのこと。」編集部へお問い合わせください。

※見出し、記事、写真の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

早川 雅裕

あしかがのことでは、映像関連とスポーツを主に担当。 職業柄 「食」についても、たまに担当。 最近では、テレビドラマや映画にボランティアエキストラとして活躍中?? 野球暦 40年 まだまだ 白球を追いかけてます。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ロケットパン

足利の学校給食の今。なぜ「ロケットパン」は姿を消したのか

足利で創業100年。親子3代続く稲葉納豆工業所

足利で創業100年。親子3代続く稲葉納豆工業所

保護者と子どもで決める放課後の過ごし方

遊べる場所が無いから作った 保護者と子どもで決める放課後の過ごし方「葉鹿学童クラブ」

旅猫リポート

第31回東京国際映画祭 足利撮影作品『旅猫リポート』取材

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

ページ上部へ戻る