© あしかがのこと。 All rights reserved.

20159/23

映画『ディアーディアー』足利先行特別上映会第一日目緊急レポート


シルバーウイーク後半の好天に恵まれた9月22日、映画『ディアーディアー』足利特別先行上映会1日目が終了しました。大盛況の模様を緊急レポートします。

足利市民プラザ 文化ホール

会場の足利市民プラザには、開演前にも関わらず多くの人達が集まり、予定を30分程繰り上げての開演となりました。
主催者発表によると、1回目の上映には実に670名余りの方々が来場し、1、2階席ともほぼ満席となりました。

足利市民プラザ 文化ホールがほぼ満席

映画『ディアーディアー』足利先行特別上映会一日目昼の部

会場入り口では菊地健雄監督のお父様が笑顔で観客を出迎えたり、監督の奥様が物販コーナーで売り子さんをしたりと、ここでも菊地家のサポートが見られ、アットホームな雰囲気を添えていました。

映画『ディアーディアー』物販コーナー

映画『ディアーディアー』物販コーナー

物販コーナーでは『ディアーディアー』スタッフTシャツや『ディアーディアー』クッキーなどが大人気でした。中には購入したTシャツを早速着て、映画鑑賞に備える方も見られました。
スタッフTシャツを着た菊地監督と桐生プロデューサーもロビーで『ディアーディアー』観客を出迎え、一緒に写真を撮ったりサインをしたりという光景は監督の地元ならではのものです。
上映中には笑いもあふれ、上映終了時には会場に割れんばかりの拍手が起こっていました。

映画上映後は、いよいよ舞台挨拶です。

司会の隅田恵里子さん、 菊地健雄監督、次男・義男役の斉藤陽一郎さん、長女・顕子役の中村ゆりさん、長男・冨士夫役を演じ、この映画のプロデューサーでもある桐生コウジさんが登壇。

司会は隅田恵里子さん。菊地健雄監督、斉藤陽一郎さん、中村ゆりさん、桐生コウジさんが登壇。

司会の隅田恵里子さんの紹介で菊地監督、次男・義男役の斉藤陽一郎さん、長女・顕子役の中村ゆりさん、そして長男・冨士夫役を演じ、この映画のプロデューサーでもある桐生コウジさんが登壇。三兄妹が約一年ぶりに足利に揃いました。

菊地健雄監督

菊地健雄監督

次男・義男役の斉藤陽一郎さん

次男・義男役の斉藤陽一郎さん

長女・顕子役の中村ゆりさん

長女・顕子役の中村ゆりさん

長男・冨士夫役を演じ、この映画のプロデューサーでもある桐生コウジさん

長男・冨士夫役を演じ、この映画のプロデューサーでもある桐生コウジさん

監督による観客の皆さんへのお礼の言葉に始まり、各キャストの皆さんから楽しいお話がありました。 桐生プロデューサーの
「この映画は足利という街と足利の皆さんがいなかったら成立しなかった映画です。」
という言葉には、こちらこそありがとうと言わんばかりの拍手が起こりました。ここで舞台挨拶は終了する予定でしたが、桐生プロデューサーの粋なはからいで、壇上のキャスト・監督への写真撮影会が行われました。

壇上のキャスト・監督への写真撮影会

壇上のキャスト・監督への写真撮影会

舞台挨拶終了後に、桐生プロデューサーと菊地監督にインタビューに答えていただきました。

桐生プロデューサー談

前売り券が売れているとは聞いていましたが、不安もありました。だけど開場したらほぼ満席じゃないですか、ほっとしました。足利の人が盛り上がってくれていい上映会になりました。ありがとうございました。

菊地監督談

本当にこんなにも多くの皆様に観ていただけるとは思っていませんでした。上映前は緊張と不安がありましたが上映後の拍手がすごくて心に届いたというのかな、ちょっと目頭が熱くなりました。嬉しかったです。
本当に足利でなれけば体験できないことですよね。 ありがとうございました。

監督の地元ならではのあたたかい雰囲気の上映会となりました。

監督の地元ならではのあたたかい雰囲気の上映会となりました。

明日9月23日も14時からと19時からの2回、先行上映が行われます。連休最終日は是非、足利市民プラザに足を運んで下さい。
今日ご覧になった方も、もう一度ご覧になってみてはいかがでしょう。今日とはまた違った、映画の面白さが発見できるかもしれません。

なお 明日は14時上映後と19時上映会前に、菊地監督と桐生プロデューサーによる舞台挨拶が行われます。(斉藤陽一郎さん中村ゆりさんの舞台挨拶はありません。)

(取材:あしかがのこと。編集部 早川、写真:あしかがのこと。編集部 山田)

日時2015年09月22日 ~ 2015年09月23日
14時、19時開演(1日2回上映)
場所足利市民プラザ 文化ホール(定員 800人)
栃木県足利市朝倉町264
料金【前売券】1,000円 【当日券】1,200円 ◇小中学生は無料です。(未就学児入場不可。託児サービスを希望の方は9/13までに足利市民プラザへ)
申込方法足利市民会館、足利市民プラザ、阿部書店、イイノ楽器、石井ピアノ、岩下楽器、オンダ楽器、プラザハマダで販売。
お問い合わせ:足利市民プラザ 電話 0284-72-8511
http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/page/dear-deer.html

※この記事に掲載されている情報は取材当時(2015/09/23)のものです。お気づきの点があれば、「あしかがのこと。」編集部へお問い合わせください。

※見出し、記事、写真の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
早川 雅裕

早川 雅裕

あしかがのことでは、映像関連とスポーツを主に担当。 職業柄 「食」についても、たまに担当。 最近では、テレビドラマや映画にボランティアエキストラとして活躍中?? 野球暦 40年 まだまだ 白球を追いかけてます。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

旅猫リポート

第31回東京国際映画祭 足利撮影作品『旅猫リポート』取材

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利市立美術館企画展「浮世絵にみる子どもたちの文明開化」

“昔ながら”をまもりながら、進化を続けるマルキョーシロップ

20187/7

“昔ながら”をまもり、進化を続けるマルキョーシロップ

週末限定オープンのショップ。足利のアパレル職人がつくる「YOU GOOD I’m good」

20186/22

週末限定オープンのショップ。足利のアパレル職人がつくる「YOU GOOD I’m good」

ページ上部へ戻る