© あしかがのこと。 All rights reserved.

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」完成披露試写会舞台挨拶


昨年6月に足利市内で多くの撮影が行われた映画「湯を沸かすほどの熱い愛」(10月29日公開)の完成披露試写会舞台挨拶が去る9月20日東京都千代田区のイイノホールで行われた。

この作品は銭湯を舞台に死にゆく母と、残される家族が紡ぎだす愛を描く内容。作品の舞台である銭湯の外観は足利市巴町にある「花乃湯」で撮影され、劇中では、足利市の見慣れた場所がロケ地として随所に散りばめられている。

舞台挨拶には宮沢りえさん、杉咲花さん、松坂桃李さん、篠原ゆき子さん、駿河太郎さん、伊東蒼さん、そして今回が商業映画初監督の中野量太監督が登場した。

宮沢りえさんから脅迫される中野監督

中野監督は、主演の宮沢に心から感謝し「面白い脚本を書けば、役者さんたちが集まってくれる」と声をつまらせながら手応えを語った。

「宮沢さんから撮影が終わった時に『脚本も芝居もいい。これで映画が面白くなかったら、監督燃やすからね』と言われたので、広めてもらわないと燃やされてしまう。生きながらえるためにも、よろしくお願いします」と暴露話を披露し、会場を爆笑させた。

本当の家族のような掛け合いをする出演陣

宮沢の娘役を演じた杉咲は「最初はご一緒させていただくことで光栄な思いと緊張がありました。でもインする前におかあちゃん(宮沢)が、『どれだけ時間がかかっても大丈夫だよ。気にしなくていいから』と言ってくれて、必要以上の緊張感が排除され、いまでもおかあちゃんと言っているんですが、本当にお世話になりました」と宮沢に感謝の言葉を伝えた。

宮沢は杉咲に対して母親のような優しい目線を向けて、「すごく器用じゃないので、NHKの朝ドラとか大丈夫かなと。ちゃんと自分のやりたいことやれているかなと心配しました」と話す。

共演の松坂はそんな2人のやりとりを見て「何ともいえないほっこり感をもらった」と笑顔を見せた。

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」は、10月29日(土)より足利市大月町にあるユナイテッド・シネマ アシコタウンあしかがでも上映されます。

(C) 2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」足利ロケ地マップ

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」予告編


※この記事に掲載されている情報は取材当時(2016/10/19)のものです。お気づきの点があれば、「あしかがのこと。」編集部へお問い合わせください。

※見出し、記事、写真の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
早川 雅裕

早川 雅裕

あしかがのことでは、映像関連とスポーツを主に担当。 職業柄 「食」についても、たまに担当。 最近では、テレビドラマや映画にボランティアエキストラとして活躍中?? 野球暦 40年 まだまだ 白球を追いかけてます。

コメントは利用できません。
足利で創業100年。親子3代続く稲葉納豆工業所

足利で創業100年。親子3代続く稲葉納豆工業所

保護者と子どもで決める放課後の過ごし方

遊べる場所が無いから作った 保護者と子どもで決める放課後の過ごし方「葉鹿学童クラブ」

旅猫リポート

第31回東京国際映画祭 足利撮影作品『旅猫リポート』取材

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利市立美術館企画展「浮世絵にみる子どもたちの文明開化」

ページ上部へ戻る