© あしかがのこと。 All rights reserved.

第4回「足利グルメグランプリ」


11月22日(金)~24日(日)にかけて、第4回「足利グルメグランプリ」が開催されます。本日はこのイベントの見どころを、足利市産業観光部 観光交流課・加藤さんに伺いました。

――今回で4回目となりますが、年々人気が高まっているようですね

昨年は4日間の開催期間中に、3万人を超える方がご来場くださいました。市内の方だけではなく、県内各地、また都内や他県からお越しになる方もいらっしゃいます。

――投票の仕組みを教えてください

会場にお越しいただいたら、まずは場内にある食事券売り場で「食事券」をご購入いただきます。「食事券」は1セットが500円になっていて、お店で販売している食事はすべてこの「食事券」でご購入いただく仕組みになっています。現金でのご購入はできません。「食事券」は100円単位でのバラ売りもする予定ですので、お好きな金額をご購入ください。
500円の「食事券」1セットにつき、1枚の投票券がついていますので、食事が終わったらこの「投票券」で「これぞ!」と思った一品に投票をしてください。たくさん食べてくださった方ほど投票の権利が増える、という仕組みになっています。


――余ってしまった「食事券」は、換金はできないのですか?

当日会場での換金はできません。ただし、12月25日までは本イベントに出店したお店で金券として使用することができるので、余ってしまっても捨てずに、ぜひお店でのお食事に使ってください。
食べたいものがあっても「食事券」がないと購入できないので、大人の方でしたら最初に1,000円分くらいまとめて買っていただくと、満腹感を得られるのではないでしょうか。

――このイベントの見どころは、どんなところでしょうか

市内の様々なジャンルのお店が出店をしているので、その中からお気に入りの一品やお店を見つけられるところです。今年は20店舗が出店をすることになり、本当に色々なグルメを楽しめます。
できるだけ多くの味を楽しめるよう、各お店が手ごろな価格で少量サイズで提供しているので、市内の名店を「食べ歩き」するような感覚で楽しんでいただけるのではないでしょうか。
同時開催で「三大陶器まつり」もやっているので、お腹がいっぱいになったら器を見てリラックスする…という楽しみ方もできます。夕方暗くなってからあしかがフラワーパークで点灯されるイルミネーションもキレイですよ。

――まさに食欲の秋と文化の秋の両方を体感できるイベントですね! 人気の高いイベントということで、混雑も予想されますが…

はい。当日近隣の道路は渋滞になりがちなので、できるだけ早い時間にお越しいただいた方がスムーズに会場にお入りいただけます。
たくさんの方のご来場を見越して、お店もたくさんの量を用意して臨んでいますが、それでも昨年度は人気のメニューがお昼頃に売り切れてしまうお店もありました。「とにかくたくさん食べたい!」という方ほど、早めにお越しください(笑)。

■イベント概要 第4回足利グルメグランプリ
足利秋まつり 公式webサイト

開催日時:11月22日(金)~11月24日(日) 9:30~16:00
会場:栗田美術館
雨天決行、売り切れ次第終了


※この記事に掲載されている情報は取材当時(2013/11/22)のものです。お気づきの点があれば、「あしかがのこと。」編集部へお問い合わせください。

※見出し、記事、写真の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
satoko motegi

satoko motegi

足利生まれ、足利育ち。坂西地区出身・在住。 大学・社会人時代は神奈川と東京で過ごすも、長女の出産を機に足利に戻り、現在は東京(職場)と足利を行ったり来たりの生活を送る。 二児の母。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

旅猫リポート

第31回東京国際映画祭 足利撮影作品『旅猫リポート』取材

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利の学校給食で使われている牛乳パッケージの歴史をたどる

足利市立美術館企画展「浮世絵にみる子どもたちの文明開化」

“昔ながら”をまもりながら、進化を続けるマルキョーシロップ

20187/7

“昔ながら”をまもり、進化を続けるマルキョーシロップ

週末限定オープンのショップ。足利のアパレル職人がつくる「YOU GOOD I’m good」

20186/22

週末限定オープンのショップ。足利のアパレル職人がつくる「YOU GOOD I’m good」

ページ上部へ戻る